遠くへ行きたい

遠くへ行きたい

北海道在住、グルメライダーのブログ

自転車用リュックにOspray(オスプレー)Zealot 15買ってみた

 

積載量が足りない

ずっとリュックが嫌でした。

自転車乗り始めたばかりの時はサドルバッグもなく普通のリュック背負っていました。でも前傾姿勢で腰がとにかく痛い。ウエストバッグでも痛い。背中べしょべしょ。

サドルバッグを導入して何も背負わないという素晴らしさを知ったのです。見た目も涼しげ。あんなに腰痛くなるリュックなんてもう絶対使わないぞ、と決めていたのです。サドルバッグ万歳!

APIDURA アピデュラ サドルバッグ (コンパクト) [並行輸入品]

だが、容量不足という問題に直面。

私が使っているサドルバッグはTOPEAKのAero Wedge PackのL(1.48~1.98L)と、ROSWHEELの大型サドルバッグ(8L)です。日常使いには十分すぎるし上着もおやつも入ります。でも一泊ライド観光付きとかを想定すると、私服に着替えたりとか靴履き替えたりとかしたいし全然足りない!

 

リュックサックという選択肢

大型サドルバッグで足りないとなると、あとはフロントバッグか、キャリアをつけるか、リュックにするか…?

 

フロントバッグといえばユーザーの多いモンベルので4.5L。ちょっと小さい?そもそもハンドル回りのライトとかどうするの?多分使ってる人はうまいことやってるんでしょうが…候補から除外。

モンベル(mont-bell) フロントバッグ リーフグリーン LEGN 1130385

私の自転車はフレームサイズ小さいしボトルに干渉しそうなフレームバッグも除外。干渉しなくても容量は少なめか。

 

キャリアをつけてパニアバッグはどうだろう。オルトリーブのなんかは北海道一周するような人が多く使ってるイメージ。容量はなんと40L!これはすごいし防水性もよさそうだ。いや待てそこまでは流石にいらないぞ。キャンプ用品とか積んで長旅するわけでもあるまいし。ダボ穴もないからつけないといけない大変そう。

ORTLIEB(オルトリーブ) バックローラー シティ ホワイト/ブラック 40L(ペア) サイドバッグ 【並行輸入品】F5003

 

あとはリュックか…ほんと嫌なんだけど…でもハンサムさんとかヘルさんの自転車用のリュックを見せて頂いたら意外と…腰が痛くない。そしてサイズもかなり豊富なのである。

というわけでリュックを買うことになったのです。用途をイメージするといいですね。

 

Ospray

自転車用リュックと言えばdeuterが有名ですが、Osprayを買いました。登山用のバックパックを作っているメーカーのようですね。なんとなく見た目が好みなのと、いろんなとこ長さ変えれてフィッティングできそうなのが気に入りました。

 

f:id:kusakyo:20190119170007p:plain

フィッティング | オスプレー

 

あとマークもなんかかっこいいなって。

 

着弾。機能は?

※他にリュック使ったことないので他メーカーとの比較はしてません

 

みんな大好きWiggleにて注文。セールで7821円でした。15Lサイズ!

www.wiggle.jp

 

f:id:kusakyo:20190119171023j:plain

ほうほう。結構大きい。重量は約800gでした。

f:id:kusakyo:20190121005501j:plain
中身入れてみました。正面は反射材があり。リアライトつけるループもあります。

 

背中側。

f:id:kusakyo:20190121001824j:plain

想像よりも背中は柔らかい。やっぱり多少は蒸れますね。やっぱりでかくないかこれ。

肩ひもにちっちゃいポケットと小さい反射材あり。胸と腰の前でバックルを留めることができます。

 

横から

f:id:kusakyo:20190121002148j:plain

ちょっと見づらいですがサイドポケットが両側にあります。

f:id:kusakyo:20190121002249j:plain

ペットボトルは余裕。アクセスいいところだからレインウェアとかここに入れとくと便利そうです。リュック背負うとジャージの背ポケット使いづらいので、その代用になりそう。

 

ヘルメットホルダー

f:id:kusakyo:20190121003035j:plain

ヘルメットはこうがばっと包むこともできるし、

f:id:kusakyo:20190121003111j:plain

ゴムを伸ばしてこうやって固定することもできます!リッドロックというらしい。

これがなかなか便利。みょーんと伸ばすだけだから、ファスナー開けたりどこか留めたりとかしなくていいですからね。

 

表側上部にポケットあり。

f:id:kusakyo:20190121003315j:plain

f:id:kusakyo:20190121003430j:plain

貴重品入れるのに良さそうです。深さはスマホが縦に入るくらい。中に小さな内ポケットあり。鍵落とさないようにプラスチック製のカラビナ付き。

 

下部は

f:id:kusakyo:20190121003642j:plain

工具マークついたポケットが。

f:id:kusakyo:20190121004057j:plain

中は工具ポーチ。ポーチとリュック本体は引っ掛けるところがありまして、

f:id:kusakyo:20190121004138j:plain

こんな風になるんでどっか置き忘れる心配もなし。チューブ、六角レンチなど入れれます。

 

一番メインのとこを開けてみる。

f:id:kusakyo:20190121004343j:plain

肩紐位置調整するためのサイドリリースバックルが引っかかるんで上から開けるなら外さないといけません。

f:id:kusakyo:20190119171410j:plain

それでもこんなにがばっと開くんで、横から開けるにも便利。

手に持ってる方が背中側で、ハイドレーションを入れるためのポケット、薄いものを入れられそうな黒いポケットがあります。

 

腰ベルト

f:id:kusakyo:20190121005023j:plain

これつけるとつけないとじゃ体の負担全然違いますね!

肩にもろに重量来るのが分散されます。そしてこんなところにもポケット付き。アイウェア入れられるの便利。飴とかも入るぞ。

 

サイズ選びは大事

ぶっちゃけサイズミスりました!13LのS/Mと15LのM/Lで、大は小を兼ねる!なんつってM/Lにしたのが失敗。体に合うのが一番です。

HPにも

オスプレーパックには衣類のようにS、M、L、またはS/M、M/Lといったサイズがあります。正しいフィッティングは適正サイズのパックを選んでいることが基準になりますので。サイズの違いによる容量の差にとらわれることなく、身体に合ったサイズを選ぶようにしてください。

※ サイズ設定の無いモデルもあります。

サイズの選び方 | オスプレー

ちゃんと書いてあるというのに…

でも、肩紐とかいろんなところをかなり短く調整してなんとかなりました!

f:id:kusakyo:20190119182839j:plain

丁度いい。

 

なんとなく感想

早速リュック背負って50km程千歳周辺を走ってみたら結構快適でした!他のと比較したわけじゃないですけど自転車用バッグってすごい。腰痛も大丈夫。

靴、着替え、輪行袋、バッテリー・コード類諸々入れても余裕あります。荷物少なくするならもう一回り小さくて良かったかも。

ロードバイクには何もつけてない姿が一番好きなので、普段のライドにも軽量小型のリュックを買うってのもありかもしれません。

 

御覧の通りフィッティングの幅が広いため紐がぴょろぴょろと出てるんでそういうの嫌って人は別メーカーの方がいいかと思います!

 

これでお泊りライドへのハードルが下がったぞ!さーてどこへ行こうか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

f:id:kusakyo:20190121011345j:plain

中身はコイツでした